副業

あらたとは誰?現在に至るまでの経歴や職歴をお伝えします!

こんにちは。

この記事に興味をもっていただきありがとうございます。

今日はTwitterで活動しているあらたうさぎとはいったいどんな人物なのかをお話しさせていただきます。

すでに仲良しの方もこれから仲良くなりたいな。

と感じている方もこの記事を読んでみてください!

読んだあとはぜひ仲良くしてくれると嬉しいです。

あらたうさぎとは?

生まれは九州。育ちも九州のいわゆる九州男児です。(年齢は非公開です)

皆さんのイメージとは違いお酒はかなり弱いです。

一口飲んだら顔が真っ赤になるくらいです。

家族構成は妻、うさぎ、僕の3人家族です。

妻との出会いは前職である料理人時代に出会い、同い年ということもあり数回食事に行くうちにありのままでいれる関係が心地良くお付き合いを申し込みました。

そこからはとんとん拍子で10カ月で結婚にいたりました。

結婚してから間もなく勤め先からの転勤の話があり関西に勤めることになりました。

僕は違う環境で料理を学べるいい機会だと思い、不安より楽しみが大きかったのを覚えています。

そこから関西で料理の修行が始まりました。

今思うと料理人時代は今と比べたら少しハードな日々でした。

朝9時から23時までの業務時間。

私が勤めていた店舗は若いメンバーで構成されており、翌日の仕込み内容、食材の仕入れ、管理、勤怠管理など一通り任されていました。

転勤してからたくさん仕事を与えて頂いていたので嬉しく、当時は業務時間が長いとも思わず料理人はこれくらい当たり前と考えていました。

実際、いくつかの店を渡り歩いてきた中ではちょっと楽なくらいでした。

しかし、あることがきっかけで料理人を辞めることを決意しました。

料理人を辞めた理由ときっかけは?

働くこと自体は何も苦に思わない僕でしたが、あることがきっかけで働くことが嫌になってきました。

それは・・・

えげつないくらいの激務!!!

どれくらいの激務かというと朝6時から次の日の朝7時まで店で仕込みする日々。

次の日の仕込みが全く終わっていないのに上司や後輩は終電があるから帰るといい、毎日僕だけ鬼のような仕事量をやっていました。

もちろんサービス残業です。

睡眠時間は毎日30分ほど。

家に帰り、シャワーを浴びて、ソファに座り、寝たか寝てないかもわからないくらいですぐ出勤です。

休みの日もサービス出勤をすることになり、その代わり上司や後輩が休むというわけのわからない状態でイライラしたのを今でも覚えています。

体がきついから休ませてほしいといっても休ませてもらえませんでした。

今思うとかなりおかしい環境でさっさとやめればよかったのですが、僕はどうしても将来自分の店が開きたくてこんな最悪な状況でも頑張って乗り越えようと考えてました。

ただ、僕より先に限界がきたのが妻でした。

当時は激務で家に帰っても妻は寝ていますし、妻が起きた時には僕は出勤していたので1週間くらい口をきかないのはざらにありました。

家族も友達も知り合いもいない関西で唯一の話相手は僕だけで気づかないうちにストレス抱えていました。

そんな妻に対して僕は夢に向かって頑張っているのに邪魔しないでくれなど最低な言葉を八つ当たりのような感じで言ってしまい夫婦の関係はもう最悪。

結婚して1年ないくらいで離婚しようとお互い本気で考えました。

毎日の激務と家に帰っても妻と離婚の話でストレスで胃に穴があきそうでした。

実際かなりきつい時期でした。

僕は毎日考えて考えて、悩んで悩んで答えを出しました。

夢である自分の店を開くことを諦め、料理人を辞めることを決意しました。

僕の中で妻以上に大事にするものはないと感じたからです。

どんなにきついときでも優しい言葉で支えてくれた妻を今度は僕が支えたいと思い会社に退職の意思を伝えました。

こんなブラックな会社がすんなり辞めさせてくれないと思っていたので会社の偉い人に直接今までの激務の内容を伝えやめせてもらいました。

次のあては全くありませんなく、恥ずかしい話1カ月ほどニート生活でした。

働かない時期は妻とたくさん話しをしました。

今後のことはもちろん、今まで行けなかった旅行やデートにたくさん行きたいといわれたので全部遊びにいきました。

少しずつ夫婦関係が戻ってきて、今は最高に仲良しです。

あの時の辞める判断は間違ってなかったと今に改めて思います。

未経験の世界へ!

いつまでもニートでは生きていけないので就活をはじめ条件の良かった営業の仕事をすることにしました。

何故、営業なのかというと自分でいうのもなんですが話すのは得意でしたし、聞き上手な方だったからです。

周りの知り合いや友達からもよく料理人じゃなく営業の方がいいと勧められたくらいです。

なのでTwitterでも気軽に絡んでください。(笑)

もちろん最初の一年は全く成果は残せずで給料もかなり低め。

当たり前ですよね。

営業は成果を上げてなんぼの世界。

そこで成果が残せないとインセンティブもないし、なにより営業の恐ろしいところは成果が目標の50%を数回下回ると基本給も下がるということ。

えぐいてぇ!!

これじゃやばいと思い、本屋で営業の本はもちろん、心理学、話し方、ビジネスマナーの本をたくさん買い通勤時間と休憩中、家でもひたすら読んでました。

そこからとんとん拍子で成績が右肩上がりに・・・

なるわけもなく成績は常に50%をぎりぎり切らない程度。

過去最低の成績は7%。

さすがに吐きそうでした。(笑)

それでも妻のために必死で働きました。

頑張ったら頑張った分だけ成績が上がるわけもなく1年目はお荷物君でした。

このままじゃいつまでもお荷物君のままだと思い、毎日考えてたどり着いた答えが・・・

そうだ!副業で稼ぎがあれば営業で成績悪くても何とかなる!でした。

浅はか・・・。なんて浅はかなんだ・・・。

過去の自分にアドバイスできるなら色々と説教したいです。(笑)

最悪なしくじり話

とにかく副業はとは何があるのか。

TwitterやGoogle、YOUTUBEでひたすら調べました。

その中で自分にもできそうだと感じたのが物販です。

安く仕入れて高く売る。

これなら頭が悪い僕でもできると思い、誰か凄い人いないかなと探していました。

皆さんも感じたことはあるかと思いますが、

どれも胡散臭い。

前金が必要とか、簡単にスマホ1台で億万長者とか。

怪しい。とにかくどれも怪しい。

やっぱコツコツ働くしかないなと思ったときにたまたまフォロワー4万人のアカウントが目に入りその人のLINE@に登録して連絡を取りました。

そしてまた優しい。

物販に興味があると伝えるとすぐに動いてくれて僕にぴったりの副業だと紹介してくれました。

確実に売れる商品リストが20万円するというので少し考えましたが、月に30万はかたいからすぐにペイできるといわれ購入してしまいました。

額は高いようで微妙に手が出せる範囲ってのもよくある手ですね。

今思えばかなりのカモだったに違いないです。

甘い言葉でこれなら間違いなく稼げますと言葉巧みにいい、それを鵜呑みにしてしまいました。

そう全く稼げない。

やられたーーー!

妻に内緒で始めたから相談もできない。

よくある最悪なパターン。

そんな時に今の僕の師匠となる人・・・

いや、カラスに出会いました。

カラスとの出会い

人生初のしくじりを犯した僕は結構ショックで落ち込んでいました。

また、そんなときに限って本業もダメダメ。

負の連鎖とはよく言ったものです。

甘い考えの僕が悪いと思いつつも心のどこかで何とかして稼ぎたいと思っていました。

期待なんかせずTwitterをみていたらそれは怪しさ満点のカラスというアカウントのツイートが目に入ってきました。

特別フォロワーも多いわけでもないし、アイコンもカラスでどんな人かもわからない怪しさしかないようなアカウントのツイートに目を奪われていました。

なんか心に刺さるようなツイートが多くあったのを覚えています。

この人だ!僕は懲りずにこの人に騙されたら副業を諦めコツコツ働くことを決めてすぐにDMを送りました。

返事が異様なに早く来て悩みや騙されたことを全部話しました。

その時はなんか凄く言葉に熱意や僕のためにっていう思いみたいなのを感じました。

カラスさんの話を聞いていくうちにこの人なら大丈夫。人生かけてやる!と思い東京に会いにに行きました。

しかし、待ち合わせの場所につき、連絡を取っても何の返信もなし。

正直、また騙されたのかと不安で仕方ありませんでした。

そもそも顔も知らないかただったので・・・(ってか良く会いに行ったなと思います。笑)

結果、ただの寝坊でした。(笑)

良かったーーー。美味しいコーヒーをごちそうになりながら色々と話しを聞き副業や資産形成に取り組みました。

今でもあの時にDMしたこと。

東京に会いに行ってよかったと思います。

自分の人生の変化

それからの僕は副業で物販コンサルを受け月に5時間以下で会社員の給料くらい稼げるようになりました。

もちろん楽ではありませんでした。

仕事が終わってからひたすら貪欲にパソコンに向かい努力しました。

寝る時間がない日も多々ありました。

始めた当初は結果でませんでしたが、結果がでなくてもやめることはしませんでした。

コツコツ毎日どれだけ疲れていても取り組むことによって稼げるようになるのを師匠に教えてもらっていたからです。

ここまでくるとよく聞く出来すぎた話になりますが事実です。

人間、本気になれば変わりますし、年齢とか全く関係ありません。

要は自分自身のやる気次第です。

夢を夢で終わらすか。

僕は夢で終わらすつもりはないです。

最後に

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

少しでも僕のことが伝われば嬉しいです。

Twitterでもこれからどんどん発信していきます。

何か困ることがあればいつでもDMでもリプでもください。

あなたの力になれるよう頑張ります。

それでは。

-副業

© 2021 あらたブログ Powered by AFFINGER5